; ; ;

JAはくい認定

自然栽培地域プランナー認定講座

自然栽培の本質を総合的に学べるのはこの講座だけ!! 日本各地で“自然栽培伝道師”として活躍!!

社会課題解決に取り組みたい
あなたへ

なぜ本講座の開講に
至ったのか

SDGsの認知度が高まりつつある昨今、聞こえてくるのは見せかけのSDGs実践...。SDGsは解決すべき社会課題の指標であり、実践の本質の一つに「循環」があります。自然栽培を通じて、耕作放棄地活用や農作物に止まらず地域における「循環の在り方」についてを広めていける人財を育て、共に子ども達の100年後の未来を守れるよう、日本社会を少しでも変革していけたらと開講致しました。

本講座で目指せること

SDGsを“指標”にした
地域の循環から社会課題解決を促せる
自然栽培地域プランナーに!!

JAはくい認定

習得内容

  1. 1

    社会課題解決のための自然栽培を活用した地域ブランド構築手法の習得

  2. 2

    地域で講師としても活動できる説明ノウハウの習得(パワーポイントも提供)

  3. 3

    地域の関係者とのパートナーシップ構築スキルの習得

修了後は認定プランナーとして
以下の 活動が可能

1 JAはくいとの連携 講師活動 2 自然栽培を活用した地域循環型の社会課題解決コンサルティング 3 ご自身の地域へ企業誘致 地方創生プログラム提供

価格・講座内容などさらに詳しい情報は
詳細資料をご請求ください

このような方にオススメ

  • 農業従事者 / 今後目指される方
    日本初!自然栽培の本質を総合的に学べる講座はほかにありません。
    肥料と農薬を使わずに野菜本来の性能を引き出すためにはどうすればよいかを学んでいただきます。
  • 経営者 / 新規事業開発担当の方
    「うちの町は何にもしてくれない」と思う前に、あなたの思い描く町にするための方法を「自然栽培」という農業から学びましょう。
    社会課題解決型循環事業として企業を誘致するなど、あなたの町が活性化していきます!
  • 講師 / コンサルタントの方
    私たちが住んでいる地球がどんどん壊れていっています。食べている食がどんどん壊れていっています。人と人との関係性がどんどん壊れていっています。自然栽培の伝道師となって日本社会を共に変革しましょう!
  • 自然栽培を極めたい皆さま
    VEGAN(ヴィーガン)、Plant Based(プラントベース)の世界的流行を受けて、今大注目されている「自然栽培」の本質を学ぶ!農業にとどまらない地域における「循環の在り方」についてを広めていける人財に!

講 座 概 要

タイトル

期間

自然栽培プランナー認定講座
第1期:6月〜9月の合計4ヶ月間→月2回【計8回】 1回あたり2時間

受講
オンラインZoomライブ講座 ※全国各地からご参加可能

受講スタイル オンラインZOOMライブ講座

対象
農業従事者、経営者/企業担当者、講師/コンサルタント、一般参加者
定員
1開催あたり先着30名様まで
特典
  1. 1. 間伐材を使った木製SDGsバッジ
  2. 2. 講師活動をバックアップするパワーポイント資料

受講者は当講座主催の会員制コミュニティに
参加可能です。(1年間)

■注意事項

  • ※ご決済から3日以降のキャンセルは、教材の準備・その他調整などにより出来兼ねますので、予めご了承ください。
  • ※動画(映像)の著作権は弊社に帰属します。動画の一部または全部を、無断で複製、転載、改変、配布、販売などを固く禁止します。
  • ※動画再生や視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。
    データ通信量が一定の基準に達した時点で、通信会社での通信速度制限が行われることがあります。
    スマートフォンやタブレットでご視聴の場合は、Wi-Fi環境でのご利用を推奨します。

カリキュラム

第1期
6月〜9月の合計4ヶ月間→月2回【計8回】
 1回あたり2時間

日程 テーマ 具体的内容
Day1 農業の歴史と現状について
自然栽培の歴史とその本質について
  1. ①狩猟採集生活から農耕牧畜生活への歴史的大転換
  2. ②人類の食へのアプローチ
  3. ③農業と地域の現状
  4. ④自然栽培とは肥料と農薬を使わない農業ではない!その本質に迫る
  5. ⑤日本人が産み出した自然栽培という哲学の歴史
  6. ⑥自然栽培の必要性と動機付け
Day2 自然栽培の哲学について
  1. ①奇跡のりんご 木村秋則氏に学ぶこと
  2. ②自然界の法則性について
  3. ③自然栽培の可能性
Day3 自然栽培をはじめるにあたって
~ その環境の見立てについて ~
  1. ①自然栽培に必要なものとは
  2. ②地形の把握
  3. ③雑草の把握
Day4 主要実践作物の品目ごとの特徴と栽培ポイントについて①
  1. ①水を好む野菜、水を好まない野菜とは?
  2. ②種を発芽させるための5 箇条(水、酸素、温度、光、〇〇(講座でお話しします))
  3. ③野菜の出身地域から考える野菜の育て方
Day5 主要実践作物の品目ごとの特徴と栽培ポイントについて②
  1. ①栽培管理について
  2. ②ぼかし肥料のつくり方
  3. ③自家採種のすすめ
Day6 自然栽培をニッチトップとするマーケティングについて
  1. ①マーケティング基礎論
  2. ②誰も敵にしない自然栽培の伝達法
  3. ③自然栽培の価値
Day7 主要実践作物の品目ごとの特徴と栽培ポイントについて③
  1. ①マーケットを想定した作付計画について
  2. ②自然栽培野菜の特徴
  3. ③自然栽培のメリット、デメリット
Day8 自然栽培を軸とする地方創生の実践例について
  1. ①実践例
  2. ②総論
  3. ③修了式

価格・講座内容などさらに詳しい情報は
詳細資料をご請求ください

事前eラーニング

「SDGsとは」の先をいく
8ジャンルで構成された
106本のお得なパッケージ!!

「SDGs」と「ビジネス」を紐付けるeラーニング SXlerning コミュニティ会員期間中は
に視聴可能
SDGsとは社会課題をまとめた指標であり、ビジネスでは「SX」という捉え方が重要となってくる SXは今後、企業が取り組むべき事業領域であり、SDGsとビジネスを紐付けるためにSXの知識が重要
8ジャンル
106
  1. ❶SDGsとは?:SDGs17目標の解説・実践事例などの基礎知識
  2. ❷ESG基礎知識
  3. ❸CSV経営とパーパス経営
  4. ❹統合報告書作成の仕方
  5. ❺地方創生ビジネス
  6. ❻近未来事業情報(DX+SDGs=SXの情報)
  7. ❼Society5.0基礎知識
  8. ❽ジェンダー対策

SDGsに関する基礎知識は学べたが「ビジネスと紐付いていない」、「どう活用して良いかわからない」というお悩みをよくうかがいます。
SDGsとビジネスを紐付けるにはSDGsの基本知識“以外”にも「SX」に関する知識が重要だと考えます。

会員制コミュニティ

当講座主催の
会員制コミュニティ参加権

当講座主催の会員制コミュニティ参加権1年間分

提供内容

  • 受講生同士の交流
  • はくい研修農場視察・自然栽培体験(3回無料券)
  • 自然栽培で育てた野菜セットのお届け(年2回)
  • イベント
  • 当講座講師 廣 和仁 氏による農場LIVE配信
写真はイメージです

講師ファシリテーター

廣 和仁(ひろ かずひと)

奇跡のリンゴで有名な木村秋則氏の愛弟子であり、自身も富山県氷見市で自然栽培農業による経営及び地域運営を行っている

粟木 政明(あわき まさあき)

石川県羽咋市のJA 職員、当市の自然栽培聖地化事業に関わり、行政とJA、農家との三位一体による地域農業活性化システムを築き上げた

価格・講座内容などさらに詳しい情報は
詳細資料をご請求ください

スケジュール

講義時間 各日:17時〜19時(2時間)

参加特典

実践活動をサポートするツールセットを
無償提供

※修了時にご提供いたします

特典1

間伐材を使った
木製SDGsバッジ

特典2

講師活動を
バックアップする
パワーポイント資料

※SDGs説明資料含む

自然栽培地域プランナー認定講座資料請求・お問い合わせ

JAはくい 自然栽培地域プランナー認定講座
無料セミナー概要

セミナーの内容

・JAはくいの実績
・自然栽培とは
・講座概要
・質問タイム

開催日程
申込フォーム内のスケジュールをご確認ください。
参加費用
無料
参加方法
1. 下記フォームよりお申込み下さい。
2. StartSDGs運営事務局の担当者より、
ご登録のメールアドレスにZoom参加URLをご案内致します。
3. パソコンでは、アプリのインストール無しでのご参加も可能です。
スマートフォンやタブレットでは、zoomアプリケーションの事前インストールが必要となります。
4. 当日開催時間になりましたら、お送りしましたURLをクリックしてご参加下さい。

お電話でのお問い合わせは
以下までお願い致します

03-5288-5178

受付時間:午前9時〜午後6時まで
(土・日・祝・年末年始除く)

次世代の担い手である若者達へ
大人達が持続可能な社会を繋ぐ