; ; ;

ビジネスで「未来を築く」あなたに
確かな“スキル”“パートナー”

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

大手企業のSDGs経営反映率は60%に
中小企業は待ったなしの時代に

ビジネスで「未来を築く」あなたに
確かなスキルとパートナーを

StartSDGsは、
SDGsを学ぶスクールではありません。
SDGsをテーマとしたビジネスを学ぶ
「ビジネススクール」です。

message
私たちの想い

私は、日本とともに世界を変えられると信じ、
このスクールを創設致しました。
次世代を担う子供達の100年後の未来を守れると。

SDGs…
これ程までに一つのキーワードのもとに
人々が動く事象があったでしょうか。

SDGsの重要な点は、
ビジネスを通じて様々な社会課題を
解決していくという事です。
誰でも「変革者」になれます。
そして、SDGsを通じて同じ志を持った人は
全て「同志」です。
これまで出会わなかった、交えなかった人達と
行動を共にする事が出来ます。

混濁した時代だからこそ、
私たちは今、手を取り合い
イノベーションを起こさなければなりません。

そのために、学ぶだけでは終わらない
スクールを創りました。

ビジネスの力で、
SDGsを指標とした「実践」を巻き起こし
共に世界を変えていきましょう!

StartSDGs
株式会社グローバルイノベーションズ
代表取締役 黒岩 賢太郎

Start SDGs とは

未来の変化に適応した
持続可能な「ビジネス構築支援」&
「実践者育成」を目的とした
「SX」を学べる
日本唯一のSDGsビジネス総合スクールです。

ビジネスに直結した社会課題解決の仕組みを実践または促す人へ

Start SDGs でできること

  • プロとしての証
    認定資格発行

    SDGs実践で活躍中の
    一流の講師

  • セミナーなどの業務斡旋も
    実践ノウハウ

    すぐに使える「実践」の
    ノウハウ・ツール

  • 全国の同志と連携
    実践コミュニティ

    パートナーの構築や
    実践活動をサポート

おかげさまで
創業4年・運営3

  • 企業・個人 合計参加者数
  • 共創も続々 合計成果実現数
  • 無料枠 合計学生参加者数

“全国12箇所”開催は、当スクールだけ

これまでコロナ対策で完全オンラインで開催 全国各地にて対面でのリアルな開催を一部再開!! ※詳しくはお問合せください

日本におけるSDGs認知拡大前から
全国で展開してきた実績

SDGs実践の学び場選びに迷ったら
まずは Start SDGs へ!!

スクールの特徴

目的に合った講座を受講して
さらなるスキルアップを!

  • 独立に・新規事業構築に
  • 副業・兼業に
  • 教育者として+αなスキル
  • 社内推進で活用

オンライン無料セミナーも
定期的に開催中!!

金沢工業大学 経営情報学科・SDGs推進センター
平本 督太郎先生 監修
SDGsビジネス総合スクール

平本督太郎先生 プロフィール

金沢工業大学 経営情報学科・SDGs推進センター長。BoP Global Network日本代表。慶応義塾大学大学院卒業後、2015年度末まで野村総合研究所にて経営コンサルタントとして、日本政府の政策立案支援、民間企業の事業創造支援に従事。在任中に社長賞である未来創発ナビゲーション賞を受賞。2016年に金沢工業大学に着任し、金沢工業大学における第1回ジャパンSDGsアワード SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞受賞に、現場統括として大きく貢献するとともに、会宝産業の顧問として同企業における第2回ジャパンSDGsアワード SDGs推進副本部長(外務大臣)賞受賞に貢献した。現在、白山市SDGs推進本部アドバイザリーボード座長を務めるとともに、経済産業省のSDGsビジネス関連の補助金制度の選定委員、ジェトロSDGs研究会委員を務める。

スクール紹介動画

上記講座の受講者は
各種特別セミナーにも参加が可能!!

〈 経済産業省後援 特別セミナー実施事例 〉

お申込者は収録した動画をご覧いただけます。

今後も各省庁含め定期的に特別セミナーを
開催
いたします!

オンライン無料セミナーも
定期的に開催中!!

講座修了後

環境に配慮した
“バナナペーパー”仕様の
修了証・認定証をお渡しします

実際の修了証・認定証

修了者の声

株式会社エコシステム
代表取締役
高田 実 様

2018年 SDGsビジネスアワード2018 グローバルリーダー賞受賞
2020年 海外展開へ布石(JETRO、環境省、JICA)経産省「適応グッドプラクティス事例集」内定
大量生産・大量消費型社会が生んだ産業廃棄物の瓦。家屋解体現場などから発生する瓦廃材も例外ではない。
形状の特異性などから最終処分場でも受け入れを敬遠されたり、処分費も年々高くなってきている中、瓦廃材を粉砕し、透水性特殊舗装製品や複合コンクリートとして再利用した製品を開発。

Q.プログラムを受講されていかがでしたか?
プログラムで取り組んだ「GIS、NABC」というフレームワークに出会えたことは、自分にとって非常に大きな糧となっています。
GIS、NABCは、Whyや自己実現から突き動かされて出てきたものなので、そう簡単には変えるものではないですし、変えられないものです。それをメンテナンスしたり、肉付けしたりしながらブラッシュアップすることでより面白くなると思います。
また、「世界規模で考える」という視点で、一つのキーワードから世界の市場を知ることができ、新たな気付きを得ることができました。それは、NABCやGISをブラッシュアップしている時に気が付きました。
Q.受講される前と後で、ご自身のビジネスにおいて変化はありましたでしょうか?
自然と応援してくれる方が増えてきました。世のため人のためになる事、理念を元にしたビジネスプランであって、そして自己実現したい事、周りから関心を持ってもらえる事であれば、他力の風を受けることができるので事業が進んで行きます。それを肌で感じました。有り難いことに、現在は協力してくれる方々と共にビジネスを進めています。
コロナで現地に行けないこともありますが、JICAを通じて海外からの依頼を多く頂いております。
Q.今後の受講者に対してメッセージをお願いします。
実現可能性の高いことを要素にすることが大切です。
小さな成功を積み重ね自信をつけていくことが重要で、さらに資金調達も含めて考える必要があります。
補助金など様々なメニューも有効に活用することで海外への事業展開も道が切り拓けていきますので、ぜひ活用してみてください。
一度しかない人生なので、思いっきり自分のやってみたい事を実行して頑張ってください!!

etincelle(エタンセル)
代表
西野 美冬 様

15年間、美容業界において講師業や組織立ち上げに等に邁進。
⼥性の持つ魅⼒や潜在⼒を発揮させ、更に周囲の⼈材のパフォーマンス向上を⾼める⼈材育成を⾏うことで企業の成⻑や⽣産性アップを図ることを得意とする。
また、これまで延べ約18,000名の女性に対しコーチングを実施してきた経験を通じて、従業員一人ひとりが魅力やパフォーマンスを最大限に発揮できる職場づくりには「コト」ではなく「ヒト」が重要であることに気づき、人を魅了する リーダーを育成するとともに、職場の「不」を解消し、実力発揮マネジメントを活用した企業・組織の基礎代謝の向上に向けた経営サポートに取り組む。
昨今では、『誰一人取り残さない』というSDGsの理念に大きく共感と感銘を受け、一般社団法人Beyond SDGs Japan認定SDGsビジネスマスターとして、SDGsの普及啓発にあたり講演活動や企業研修にて、その知識・ノウハウを活かしSDGsを通じて事業の更なる発展、そして社会や従業員 から愛され続ける企業づくりの支援に取り組んでいる。

Q.プログラムを受講されていかがでしたか?
「世界、世の中の為に何ができるのかを真剣に考え、実行したい」そんな同じ想い・志のある仲間と出逢えた事に高い価値を感じております。
また、仲間の刺激も多く、自分の信念・使命感がより明確になりました。
Q.受講される前と後で、ご自身のビジネスにおいて変化はありましたでしょうか?
これまでは自分の実体験から、全ての人が「自分らしく」をテーマに、主に女性リーダー層に対し個々にコーチングやプロデュースにて女性活躍支援をしていました。受講後は個人から企業対象となり、企業支援の側面から個々が「自分らしく」在れる環境づくりへ。
さらに講演やSDGs企業導入コンサルティング研修のご依頼も増え、大変感謝とやりがいを持ってお仕事をさせて頂いております。
Q.今後の受講者に対してメッセージをお願いします。
スクールでビジネスパートナーに出逢うことができ、今ではお互いの強みを活かし合い、ビジネスを展開させて頂いています。
このように、同じ志を持つ仲間に出会えることは、ただSDGsの知識やビジネス手法を学び取得するだけではない、大変大きな価値を得られると思いますので、是非楽しみに受講して頂きたいと思います。

株式会社SRプランニング
代表取締役
森田 哲 様

これまで経営・業務改革、人事組織改革、IT化戦略促進等の多数のコンサル、PMの経験を有し、組込系ITベンチャー企業に最年少CTO候補として招聘される。新規事業開発にも定評があり、カーシェアリングを日本に広めたキーマンの一人(ミスターカーシェアリングと呼ばれる)となる。後に、中小零細企業の変革を推進するビジネスコンサルタントとして独立。現在も、企業の代表を務める傍ら、取締役、顧問、相談役等の立場で名前を置く企業は10社超、ここ9年で延べ160社を超える。
さらに、法人研修要請(18年度実績:年間300本超)も多く、人材育成に携わった数は、延べ10万人を超える。

Q.プログラムを受講されていかがでしたか?
様々なバックボーンの方々が参加されていて、『 Why 』の部分を、利害関係なく、切磋琢磨できるのは、とても魅力だと思います。次の期以降にも再度学びたいという方もいる、素敵な場だと感じております。
Q.受講される前と後で、ご自身のビジネスにおいて変化はありましたでしょうか?
私の『 Why 』は、探求学習人財を親子ということをキーにし、イベントやコンテンツを創り出すことで、トレードオンの人財を多く生み出していくことです。このコロナ渦でもオンライン開催にシフトしたことにより、世界環境サミットや各種のSDGsイベントに登壇することができ、企業研修講師やビジネスコンサルトに加えて、『講演』オファーも多くなりました。StartSDGsにおいてもコンテンツ開発を含め、支援させて頂いており、自分の仕事の中で、SDGsが占める割合が増えています。
Q.今後の受講者に対してメッセージをお願いします。
学びもありますが、積極的に動きに関わることで、期を跨いだ交流やコミュニケーションが可能です。パートナーシップで何かを始められる方もみえますし、先輩や仲間たちから刺激を受けることも多々あると思います。是非、その価値を受け取りに来てください。

株式会社サトー商事
東京支店 副支店長
畠山 晃治 様

Q.プログラムを受講されていかがでしたか?
スクール名に「Start」という動詞が入っている通りとにかく動き続けていた印象があります。
まず知識をインプットするのですが、ここに来ると徹底的なアウトプットの繰り返しです。出来るようになったあとは、さらに磨きをかけるようにアウトプットを繰り返します。これが今の営業の仕事にもとても良い習慣として身に付きました。
Q.受講される前と後で、ご自身のビジネスにおいて変化はありましたでしょうか?
「モノ(商品)を売る。」から「自分の信念をのせた解決策を売る。」に考えが変わりました。
自分自身の「why」=「人それぞれが必ず持っている輝く点を埋もれさせずにフルに活躍出来る場を作り世界を変える。」を会社のwhyに転換させることで、ものの見方を変えられるようになったことが非常に大きいです。現在は、日本では製造中止になりそうな商品を途上国で輝かせ、途上国の社会問題を解決するための活動を始めています。
Q.今後の受講者に対してメッセージをお願いします。
StartSDGsは、何かを相手に「あげよう、協力しよう」という方が多いGIVERのコミュニティです。皆が与えようとしてきてくれるので、自分も同じようにGIVERになれます。また、期を跨いだ交流、コミュニケーションが可能で、修了後も積極的に交流を続けていた結果、同期の方とパートナーシップ組んでビジネス展開へと繋がりました。
悩みや一歩踏み出すことに迷いがあっても、ここに来れば大きな変化や成長が期待できます。是非楽しみに受講して頂きたいと思います。

日本におけるSDGs認知拡大前から
全国で展開してきた実績

SDGs実践の学び場選びに迷ったら
まずは Start SDGs へ!!

当社取締役 / 顧問のご紹介

運営者
株式会社グローバルイノベーションズ
代表取締役 黒岩 賢太郎

100年後の子ども達の未来を守るために

当コミュニティ・育成プログラムに対する想い

昨今SDGsの広まりに伴って、SDGsのコンサルタントと銘打って、確かな知識・経験がない方による表面的な表現だけの支援が目立つようになったと各所から声が聞こえるようになりました。
こうした状況を否定して新たな対立構造を生み出すのではなく、実際の社会変革の経験に基づいた知識・経験の共有が今後は特に必要であると考え、SDGsを確かな知識のもとに実践に移していける人物を各地で育てていくべく、監修者である平本先生と企画・実行する運びとなりました。

また、SDGs・社会課題に対する有識者への登壇依頼が殺到している状況下において、休日も全く取得出来ずにご家族と過ごすこともままならない程に多忙な処遇の解決。
そして、確かな知識と経験を積んだ学生に対する無償活動支援の強要を阻止すると共に、選抜された学生・若者に対しての受講料は無償化し、次世代を担う希望に社会で活躍できるステージを提供していくこと、女性の活躍への正当なる評価実現も運営目的としております。

SDGsを指標としたその先にある「実践」を第一に弊社は活動して参ります。


取締役
川井 健史

SDGs専門「総合」ビジネススクール『StartSDGs』校長
Beyond SDGs Japan認定 SDGsビジネススペシャリスト
リクルートにて、人材ビジネス、事業企画、新規事業構築などを経験し、2006年にベンチャーを起業。2009年に事業譲渡し、オプトグループにジョイン。PCスクールやSIの買収とその後の経営に携わる。
2014年からはメンバーズ、フィックスターズの東証一部上場企業の人事責任者や社内大学学長を歴任。CSVには2014年から取り組み、メンバーズ社ではCSV経営を実践しつつ、新卒採用を中心に成長に貢献。

取締役
伊東 正行

慶應義塾大学経済学部卒業。
1981年 三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。
1987年 同行派遣留学生として筑波大学大学院経営政策科学研究科を卒業し経済学修士を取得。
その後、2013年までの間に、同行事務部次長、企画部副部長、企画部CSR推進室長、東京営業部長兼新丸の内支店長、三菱UFJフィナンシャルグループCSR推進部長兼三菱UFJ銀行CSR推進部長、日本確定拠出年金コンサルティング株式会社代表取締役副社長等を歴任。
現在、弊社では事業戦略・財務戦略・ガバナンス等の面で社長を補佐。

監査役
佐伯 正勝

筑波大学理学部数学科コンピューターサイエンス学科専攻卒業。
米国カーネギーメロン大学短期留学
1982年にブリヂストン米国に入社し、MIS部長に就任。
1988年にブリヂストンソフトウェアUSAの代表取締役に就任。
1998年にブリヂストン本社情報システム本部 グローバルIT部長に就任。
2004年に米国メルク製薬会社の子会社である万有製薬(現:MSD株式会社)の執行役員CIOに就任。
2007年にフランス本社のセジデムデンドライトジャパン特別顧問に就任。
2008年に日本IBM特別顧問に就任。
2016年に1都3県連合のIT組合のグローバルICTソリューションズ協同を設立。

特別顧問
杉浦 佳浩

大阪府出身、1963年生まれ。
三洋証券株式会社に入社。
その後、株式会社キーエンスへ転職し、大手自動車メーカー、菓子メーカー、 部品メーカー等の主力工場を担当。その後、三井住友海上に転職し20数年間、営業職、マネジメント職を経験して、リテール営業推進、若手人財育成を中心に担当し、スタートアップ、上場会社への投資活動、子会社ベンチャーキャピタルとも協業を経験。
現在数を超える会社において顧問として、世話人役を務める。紹介のみで、年間約1000名を超える社長と会い続けている。

よくある質問

  • ※Qをクリックすると回答が表示されます
Q
講座はどのように受けるのですか?対面ですか?
A
講義は基本インターネットオンラインにて実施致します。
月に1回「集い」という1期生から全ての参加者が集まり講義やワークショップ・交流会を実施致します。
※コロナの影響によりオンライン対応になりましても次期以降も引き続きご参加いただけます。
Q
SDGsについて勉強したことがありません。ついていけますか?
A
ご安心ください。当プログラムではSDGsの基礎知識をeラーニングでご無理なく学べます。
そして、ビジネスにおいてどのように実践していくかを学びながら理論・手法を習得していくことが可能です。
Q
どうしても欠席してしまう場合はどうなりますか?
A
もしもご欠席された場合は、当日の模様を録画してありますので、動画で補講いただけます。
Q
参加の条件はありますか?
A
特にございません。
ご意思がおありのどなたでもご参加いただけます。
Q
どのような方が参加されていますか?
A
年齢は20代から70代まで男女問わず幅広い方にご参加いただいております。
会社経営者から企業担当者、時に学校の先生や自治体職員、弁護士や議員まで参加されています。
そして、学生は無償枠として中学生から大学生まで参加しています。
Q
支払方法についてはどのような方法がありますか?
A
銀行振込にて一括振込、またはクレジットカード決済になります。
クレジット分割決済もご利用が可能です。クレジットカードは全ての種類ご利用いただけます。
Q
途中退会はできますか?
A
各講座とも途中退会いただけますが、講座料金のご返金は出来兼ねますので慎重にご検討下さいませ。
Q
休学はできますか?
A
各講座とも休学いただけます。2度の休学はお受け出来兼ねます。
まずはご事情を事務局までご連絡ください。

資料請求・お問い合わせ